副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

経営者はポンコツでも問題ない!ところで経営者ってなにをする人?

   

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ポンコツ代表ひろかずです。

こないだ夏だったのに、今年もあっという間に12月ですね。

そろそろ確定申告という面倒なことを考えないといけない時期になりました。

確定申告に慣れているとはいえ、それでも面倒です^^;

 

確定申告についてもなんらかのコンテンツを作ろうと考えていますので、

リクエストがありましたらメールくださいね。

 

さて、あなたもネットビジネスを始めたなら、

本当に自分のビジネスは利益が出ているのか?

もちろん気になりますよね?

 

特に物販(せどり)は、先に商品を仕入れるため、

最初はお金が出ていく一方です。

 

商品が売れないとお金は入ってこないですし、

最初は、どんどん現金が減っていくので、

その不安から、実際はうまくいっているのに、

儲かってないような気がして、

「おれは経営者には向いていない・・・」と、

せっかく始めたネットビジネスを辞めてしまう人も多いのが現実です。

 

たとえ副業でもあなたは経営者です。

 

経営者は、最低限、経営に必要な数値は把握していないと、

今のままネットビジネスを続けていいのか?

それとも改善しないといけないのか?

正しい判断ができません。

 

ところで、そもそも「経営者」ってなにをする人でしょうか?

 

経営者といわれると、なにか難しいことをしないといけないと考えているかもしれませんが、

そんなことはありません。

ポンコツ経営者の私が言うんだから間違いありません^^

 

経営者の仕事は、大きく分けるとたった3つです。

あなたが副業で始めたネットビジネスでも同じことですよ。

 

1、給料を払うこと(お金を払うこと)

あなたが副業で1人でネットビジネスを始めたなら、

あなた自身に給料を払うことです。

 

あなたのお勤めの会社の給料は、毎月、決められた日に振り込まれますよね?

 

もし、あなたのお勤めの会社の社長から、

「〇〇さん。今月の給料さぁ、ちょっと待ってくれない?」

なんて言われたら、あなたならどうしますか?

 

私なら速攻で転職します^^

毎月、「今月は給料をもらえるのか?」なんて考えてたら、

不安でしょうがないですよね(;・∀・)

 

これは、あなた一人で始めた副業ネットビジネスでも同じことです。

 

例えば、毎月、ネットビジネスで5万円稼ぐことにしたと決めたなら、

月末に5万円の給料をあなた自身に渡すことができているか?

ということです。

 

極端な話、給料や経費など、お金が払えれば経営者です。

たとえ赤字でも、お金を払い続けることができれば経営者ですよ^^

 

ただ、実際にやってみると、これがなかなかできません。

給料を払うことがいかに難しいか気がついたとき、

私は、会社の経営者に対する考え方が変わりました。

 

もし、従業員がいて、一回でも給料を払えなかったら終わりです。

取引先に支払いができなくても終わりです。

 

自分一人だから、「ちょっと待って」が通用するんですよね(;・∀・)

 

2、管理して計測すること

誰が何時間働いたのか?

誰が何をしていたのか?

今月の入金と支払いは?

今月の業績は?

などを管理・計測することです。

 

業績の管理・計測に関してはネットビジネスの場合は便利ですよね。

 

アマゾンならビジネスレポートを見れば、

どのくらいページがクリックされたか?(ページビュー、セッション)

それに対してどれくらい売れたか?(ユニュトセッション率)

など、一目瞭然です。

 

ブログやホームページも、グーグルのサービスで無料で計測できます。

どのくらいページがクリックされたか?(ページビュー)

最初のページだけ見てすぐ去った人の割合はどのくらいか?(直帰率)

どのくらい商品が売れたか?(成約率)

など、こちらも一目瞭然です。

 

なぜ、うまくいったのか?

なぜ、うまくいかなかったのか?

ネットビジネスは、業績を数値で管理・計測することが簡単です。

 

ここを勘で判断すると、やみくもに走り回ることになります。

走り回って、目的地にたどり着けば、まだいいのですが、

周囲が崖の細い一本道を目を閉じたまま歩いたら・・・

どうなるのか想像がつきますよね。

 

3、拡げること

事業の規模を拡大する。

新しい事業を始める。

今の事業から撤退する。

など、今後の方向性を決めて決断するのも経営者の仕事です。

 

ネットビジネスでせどりをやっていて、

アルバイトを雇って仕入れ量を増やそうとか、

中古本だけではなく、おもちゃや家電も始めようとか、

物販から撤退しようとかを決断することです。

 

拡げると言っておいて、撤退ってどういうことと思うかもしれませんが、

不採算の部門から撤退して、他の部門に集約すれば、

結果的には拡がります。

 

事業を始めるにしても、撤退するにしても、

この判断は経営者にしかできません。

 

長くなったのでまとめますと、経営者の仕事は、

1、給料を払うこと(お金を払うこと)

2、管理して計測すること

3、拡げること

の3つです。

 

先ほども書きましたが、

給料を払うことができれば、あなたは経営者です。

 

私がポンコツでも起業できたのは、

ただお金が払えたから。

これだけです。

難しいことは何一つしてません。

というかできません^^

 

副業ネットビジネスで継続的に5万円を稼ぐことができれば、

あとは、管理・計測して拡げるだけです。

 

あなたの使う時間が変わらず、負荷を10倍にしたら

5万円×10倍で50万円ですよね?

100倍なら500万円です。

 

もし、これが5万円の赤字で10倍の負荷をかければ

当たり前ですが、50万円の赤字です。

 

もし、あなたの使う時間が10倍になった場合も、

無理なのはわかりますよね?

 

アルバイトが稼げない理由は、負荷を10倍にしてしまうと、

使う時間も10倍になるからです。

 

あなたが経営者の思考を身につけて、

継続的に5万円稼げる力が身につくと、

人生が変わるのはイメージできましたでしょうか?

 

もし、貯金がたっぷりあるなら、いきなり起業するのも一つの方法ですが、

継続的に稼ぐ力が身につくまで、生活費がジャブジャブ出ていきます。

 

たとえ正しい道でもゴールが見えていないと、

お金が流出するプレッシャーから道を引き返すことになりますので、

まずは副業でネットビジネスを始めてみることをおすすめしています。

 

副業でもあなたが経営者ですよ。

経営者の3つの仕事、

忘れないでくださいね。

 

編集後記

ここのところアマゾンの規約変更や出品制限が頻発しています。

中古本には影響が出ていませんが、

先日も書いた通り新規の出品制限商品が増えています。

どうやら、CDだけではなく、DVDやホビー、家電など多岐にわたるようです。

 

参考価格の表示についても、新しい設定ルールのメールが来ました。

そのメールを見る限りだと、実質、参考価格の表示は難しくなりそうです。

kakaku

 

18,500円を1,500円って・・・(;・∀・)

これ、ページ作成者が、何の審査もなく入力できてしまうので、

以前から誤解を招く二重価格だと言われていました。

 

アマゾンに公正取引委員会が入った影響なのか、

それとも今後、大きな変更があるのかわかりませんが、

大きな変化があるときはチャンスです。

 

チャンスを生かすには、まずは参加することです。

世間でチャンスだと騒がれてから参加しても間に合いません。

株だって買い時と言われたときは、すでに売り時です。

 

チャンスを生かすも殺すも、

それは、あなたの考え方次第です。

 

ノウハウ、ツールに振りまわされるのは、

もうやめにしませんか?

 

メルマガでお待ちしております。

 

bana002

 

目次(記事一覧)

 

 - 思考(ブログテーマ)