副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

【悲報】ビーム使ったら、店員の目からビームが出た件

      2016/07/17

目次(記事一覧)

 

私が本せどりを初めたばかりの時です。

ネットビジネスしかないと思い、本せどりを始めたはずが、

アマゾンに店舗を出したり、ツールの設定をしたり、

準備をしているうちに、段々、気が重くなっていました。

 

「まだ、介護離職までいく状態じゃないし、ゆっくりでいいや」

「雨降りそうだし来週からにしよう」

「顔がかゆいからやめた」(オイオイ^^;)

 

しかし、お金は払ってしまったし、契約はしてしまったし、

いつまでも先延ばしにするわけにはいかなくなりました。

 

そんな状態で、本せどりを始め、ブックオフデビューをしました。

 

そして、お店の前に到着。

もちろん、やる気などありません。

これだ!と思ったときの高揚感はどこへいったのか・・・

まだ、思考はほとんど変わっていませんでした。

 

店に入ると、

店員:「いらっしゃいませ〜」

なかなかのビジネススマイルです。

目を合わすことはできず、

うつむきながら入店しました。

 

仕入価格が安い単C(※)の島へ
※単行本Cランク(あまり状態のよくない一番安い棚)

もうバクバクです。

自分の心臓の鼓動が聞こえたのは久しぶりでした。

 

店員さんの目が気になるも、いざビーム(※)開始
※せどり用の小型検索機。KDC200

注意されるかなと思うも、ちょっとザワつく程度で注意されず、

あっさり30冊ほど仕入れました。

 

あれ、意外に簡単なのか?

そう思ったら、急にやる気が出てきました。

私は車を持っていないので、一回家に本を置いて、

今度は別の店へ。

 

単純な私は、ちょっとやる気になってきました。

今度は意気揚々と入店。

先ほどと同じようにビーム開始です。

 

開始してすぐに、後ろに人の気配が・・・

しかし、ビームに集中しすぎて、全く気づきませんでした。

トントン

肩をたたかれて後ろを振り返りました。

冷たい視線の店員さん。

店員:「あのー小型検索機のご使用はやめてもらえますか?」

私:「あ、ダメなんですか?わかりました」

 

私は笑顔を作ろうとするも、明らかに引きつってしまいました。

とりあえず、すぐに中止して、違う店舗へ。

この店舗はたまたまかな?

 

そして次の店舗も、同じように、すぐにイエローカード!

しかし、一回始めてしまうと、そのまま帰るのもなぁと思い、

もう一店舗行くことにしました。

 

入店すると、丁度、単Cの棚にお客さんはいません。

ドキドキしながら、懲りずにビーム開始。

しばらくは何事もなく検索していました。

 

何となく左をみると、通路の隅で腕組みする店員さん。

ビクッっとなって、私は石のような固まりました。

しかし、店員さんは何も言わず立ち去ったので、

鈍感な私は、

あれっ???気のせい?と思いながら、再びビームを再開しました。

 

数分後・・・

ただならぬ気配を感じて後ろを振り返ると、

さっきの店員さんが真後ろに・・・ギャーーー

 

店員:「当店はバーコードリーダーは禁止です」

 

私:「あっ、そうなんですか?すみません」

とはいったものの、他にお客さんがいなかったので、

ちょっと食い下がってみました。(やめとけばいいのに・・・( ̄▽ ̄))

 

私:「他にお客さんがいなくてもだめですか?」

 

店員:「はい!!!」

 

一瞬で撃沈しました^^;

 

口調は丁寧。でも眼力が・・・ビーーーーム!

ビーム

無理な笑顔の恐怖感((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

こうして、私のブックオフデビューは終わりました。

 

だと思ったんだよー

50冊も買っちゃったし、どうしよう。。。

やっぱりやめれば良かった。

ビームなしじゃ稼げるわけない!

煽られてノウハウ買っちゃった・・・

 

とにかく言い訳しか思いつきません。

こういう思考だと何やっても稼げないんですよね^^;

 

さて、あなたはこの状況をどう思いますか?

思考の問題点をちょっと整理したいと思います。

 

1、せどりを始めるときのメンタル

これは、誰がどうみてもアウトですよね^^;

せどりがやりたくて、やってる人はほとんどいないですよね?

中には趣味と実益が一致という人もいるかと思いますが、ほとんどいないはずです。

 

何が目的なのか?

私の場合は、「時間に縛られず自由に生活すること」です。

そのための手段が”せどり”です。

ここがはっきりしていないと挫折します。

「あなたがどうなりたいのか?」という本当の欲求が目標になっているか?

ということです。

 

2、ルールはルール

お店のルールは守ることです。

ここは、無理矢理隠れてビームとかしなかったのは、良かったと思います。

当たり前ですが、他のお客さんの邪魔になることはしないことです。

あなたが、お店の経営者だとしたら、

お店の雰囲気を壊すお客さんは来てほしくないですよね?

 

なぜ、だめなのかは店長さんに聞いてみてもいいと思いますが、

あなた自身の都合だけ話しても、受け入れてもらえる可能性は、ほぼありません。

相手の立場になって考えてみると、交渉がうまくいくかもしれませんよ。

 

3、他人のせいにする

「店が悪い」、「ノウハウが悪い」、「騙された」など、

誰かのせいにしても何も変わりません。

例えば、店員さんの価値観が「せどり=悪」だったら、

見ず知らずのあなたが、この価値観を変えるのはほぼ不可能です。

これを解決するのは、あなた自身が変わることです。

 

その店舗にはいかないのも一つの方法ですし、

手打ちで検索するという手もあります。

本、CD、DVD、他のせどり、アフィリエイト・・・

何をやっても、思考がある人は稼げます。

ノウハウは、”思考”あってのものです。

 

4、継続すること

やると決めたら、しばらくは継続することです。

特に物販は、継続しないと在庫処分が大変です。

中途半端に初めて、中途半端にやめてしまうと確実に赤字です。

まずは、「行動して継続すること」ですよ。

隣の芝生は青く見えますが、浮気しても同じ結果が待っています。

 

こんなところですかね~^^

 

ご意見・ご感想お待ちしております!

post

 

ブログランキング参加中!

記事を読んでくれた証にポチッと押してもらえると、ひろかずの髪の毛が一本増えます^^

↓↓↓

blogranking

 

目次(記事一覧)

 

 - せどり, 日記