副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

【衝撃!】月商の真実

      2016/07/17

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ひろかずです。

 

前回の記事で、くわしくお話しすると言った「月商」

あなたは「月商」の意味をご存知ですか?

 

では質問です。

1、月商1000万円達成!

2、月商50万円達成!

 

これは、どちらがすごいですか?

 

まあ、そりゃ考えるまでもなく、1の月商1000万円です^^

 

では、どちらが儲かっていますか?

正解は・・・

わかりません。

 

これだけの情報では、どちらが儲かっているかわからないんです。

 

「月商」とは、「1か月の総売上高」をいいます。

 

なにか、”月商1000万達成”とかいわれると凄そうですが、凄くはないです^^

凄いのは”規模”です。利益とは関係ありません。

 

ブックオフの赤字決算の記事をご覧になっていただければわかりますが、

ブックオフは月商いくらでしょう?

いち、じゅう、ひゃく・・・^^;とにかくとんでもない金額です。

ですが、赤字です。

 

というわけで、

「月商」は”規模の大きさ”だと思ってください。

 

私も使う言葉なので、全否定するわけではありませんが、

この言葉は、正直言って嫌いです。(じゃー使うなよ^^;)

 

前回もお話ししましたが、一言で表現すると、こういう言葉になってしまいます^^;

なので、あまり使わないようにしています。

私が、売上高の証拠画像をあまり使わないのもそういう理由です。

 

ただ、アフィリエイトの場合は、ほとんど利益と考えてもいいかと思います。

その違いを、お話ししたいと思います。

 

最終的な利益というのは、

売上高から経費を差し引いて利益です。

(これについても、考慮しないといけない点はあるのですが、また今度にします。)

 

せどりの場合は、経費が、かなりかかるのは想像できますよね?

 

例えば、本せどりですが、

パソコン、スマホなどの機器

アマゾンの販売手数料、月額利用料

ツールの利用料

配送料

検品の消耗品

検品を代行会社に依頼すれば、その手数料

など、さまざまな経費がかかります。

人を雇えば人件費もかかりますね。

 

ですので、経費がどれくらいかかっているか?

これがわからないと、全く意味がありません。

「月商」は規模を表す数値ですから、

あなたが一人で作業する場合、もしかしたらできない方法かもしれません。

 

ですが、アフィリエイトになると、あまり経費はかからない可能性があります。

アフィリエイトの経費は、想像できますか?

パソコン、スマホなどの機器

レンタルサーバー代

ツールの利用料

あとは・・・

人を雇っていれば人件費ですね。

 

比較すると、一見変わらなそうですが、

せどりの一般的な利益率(※)は20%~30%

アフィリエイトはやり方にもよりますが、80%以上

※(利益/売上高)×100

 

ここで、「じゃあ、やっぱりアフィリエイトだ!」と思ったあなた。

もう一度、よく考えましょう!^^

 

この両者の違いはというと、

経費の中身です。

 

私は、元々の職業柄、

本当に利益が出る方法なのか?

ここに目がいきます。

 

せどりの場合は、

1、どこに依頼するのか?その手数料はいくらか?

2、ツールの利用料はいくらか?

3、配送など、ほかにかかる費用はいくらか?

4、人を雇わずにできる方法か?または雇うなら人件費はいくらか?

 

アフィリエイトの場合は、

1、ツールの利用料はいくらか?

2、人を雇わずにできる方法か?または雇うなら人件費はいくらか?

 

ざっくり書きましたが、物販のほうが考えるポイントは多いですよね?

 

特に物販の場合は、

あなた以外の利益も考えないといけません。

 

アフィリエイトも、もちろん自分本位じゃ稼げませんが、

そういう意味ではなく、ビジネス全体として、

回るかどうか、ということです。

 

例えば、代行会社に依頼するなら、

その代行会社は適正な利益を出しているか?

ここも重要なポイントです。

 

私は、アマゾンの利益までは、あまり考えていません。

ですが、もし規模が大きくなったら、他の販路も考えないと危険です。

(今回は、ここも省きます)

 

どうしても、自分自身の利益ばかり考えがちですが、

代行会社に頼む場合は、代行会社も儲かっていないといけません。

あなたは、代行会社が潰れても、その方法で販売できますか?

 

大抵の場合、

時間的に無理

または

ツールなどが使用できなくなり完全に無理

ということが多いのではないでしょうか?

 

では、アフィリエイトはどうでしょうか?

ノウハウはいくらでもコピーできます。

ですので、販売者は確実に儲かります^^

考えるポイントは、

ツールが必要な場合、それが使えないときにどうなるのか?

です。

販売者が儲かるなら、ツールはずっと使用できるだろうと思われるかもしれませんが、

販売者の都合で終了ということはあります。

 

ゲームを考えてみてください。

2とか3とか言って、マイナーチェンジして

続編が出ますよね?

ゲーム機だって続編をやりたかったら、

新しいゲーム機じゃないとできなかったりしますよね?

それと同じことです。

新しい続編を売るために、サービスを打ち切る可能性を考えないといけません。

 

このように、せどりとアフィリエイトでは考えるポイントは違います。

 

せどりとアフィリエイトのメリット、デメリットは、

初心者専用で触れていますので確認してみてください。

 

せどりでもアフィリエイトでも、

特に、副業でネットビジネスを始める場合、

あなた一人でできるかは、まず考えないといけません。

そして、どれくらい経費がかかるのかも考えないといけません。

 

ですが、一番重要なのは、

 

「月商」という言葉のインパクトに踊らされないことです。

 

あなた自身の利益に目がくらむと、そこが見えないままポチっと押します^^;

 

そうならないようにするには、相手を喜ばすことを第一に考えることです。

 

もちろん、”年商”も同じですからね^^

 

ご意見、ご感想お待ちしております!

post

 

ブログランキング参加中!

記事を読んでくれた証にポチッと押してもらえると、ひろかずの髪の毛が一本増えます^^

↓↓↓

blogranking

 

目次(記事一覧)

 

 - 思考(戦略)