副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

出発点を誤ったビジネスの行きつく先

      2016/08/27

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ひろかずです。

最近、ツイッターやユーチューブをちょっと見ているうちに、

気がついたら1時間、2時間と経過していて、

いざ仕事をしようと思ったら、なんか疲れてるような。。。

そんな日が続いています(;・∀・)

 

昨年のこの時期に、なにがなんでも頑張ると決めて、

一切、テレビを見るのをやめて勉強に取り組んだら、

かなり効率がよくなったんですが、

また、最近、ちょっと気が緩んできました(-。-)y-゜゜゜

テレビもSNSもゲームも同じで、何も考えずに見ているようでも、

かなりエネルギーを消費します。

いつの間にかエネルギーが吸い取られるのをわかっていながら、

なかなかやめられません(._.)

怠ける習慣は簡単に身につくのに、

勉強する習慣ってなかなか身につかないんですよね^^;

あなたに、もし思い当たることがあったら気をつけてくださいね。

 

さて、そんな中、今度はインターネットでニュースをぱらぱら見ていたところ、

ある記事に目が留まりました。

PCデポの高齢者解約金トラブルのニュースです。

 

内容を簡単に整理すると、

PCのセットアップ、修理などのサポートを提供する月額制サービスがあり、

いろいろ契約してたら、毎月の支払額が15,000円。

さらにその月額サービスを解約すると、

高額(20万円越え)の解除料を請求されたというニュースです。

こういうニュースを見ると、他人事とは思えず、客観的に記事を書けなくなるので、

すごくわかりやすくまとまっている記事のリンクを貼っておきます。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

 

本以外のせどりはあまりやっていないので、

PCデポを見に行くことはなかったのですが、

いつの間にか店舗が増えたなあという印象でした。

その裏にこんなからくりがあったとは・・・

 

ビジネスは価値と価値の交換です。

「お金は”ありがとう”の対価としてもらうもの」

この発想がないと、結局、今回のニュースのようなことが起きます。

仮に認知症ではなくても、高齢になれば判断力、記憶力はどうしても落ちてきます。

この記事を読む限り、そこにつけこむ相当悪質な事例だと思いますし、

これを消費者の責任にするのは許せません。

結局、自分さえ儲かればいいという出発点でビジネスを始めると、

一時的には儲かっていても、必ずブーメランのように自分に跳ね返ってきます。

 

いままでは、力で抑え込まれていた人々(元従業員など)が次々に情報提供して、

どんどん問題が明るみに出る。そして膨れ上がる。

スマホ一台あれば、簡単に画像、音声が保存できて、簡単に証拠が残せる。

簡単にSNSなどを通じて、全世界に公開できてしまうのだから当然です。

個人がメディアを持つ時代になったのだと改めて感じます。

 

ネットビジネスは、直接、お客さんの顔が見えません。

仮にメールでクレームが来ても、お客さんがどんな表情なのか、

どんな声のトーンで喋っているのか、文章ではわかりません。

だからこそ、ネットビジネスは、

「お金は”ありがとう”の対価としてもらうもの」という意識が必要です。

 

ネットビジネスは相変わらず怪しいというイメージです。

今でこそ、スパムメールや詐欺まがいのサイト、

違法カジノや違法ポルノなどの広告は減ってきていますが、

完全になくなったわけではありません。

過去には、インターネットの技術的な盲点やスキをついて

犯罪すれすれの方法で大儲けした人がいるそうです。

ですが、仮にそんな方法で儲かったとしても、

心に平穏は訪れません。

「もしかしたら逮捕されるかも・・・」

そんな不安を抱えながら、楽しく生活はできませんし、

グーグルなどの技術的な進歩に、一個人が勝てるはずもありません。

いつか必ず淘汰される日が訪れます。

 

これからは嫌でもインターネットの時代です。

いまは、まだまだ怪しいと言われているネットビジネスですが、

これからどんどん参入してくる人は増えます。

ライバルがどんどん増える中で、

お客さんにあなたを選んでもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

 

例えば、物販なら、お客さんに納得して商品を買ってもらうことです。

納得してもらうということは、ただ安くするという意味ではありませんし、

売る場所の特徴を考えることも必要です。

 

アマゾン、メルカリ、ヤフオクなど、売る場所によってそれぞれ特徴があります。

アマゾンは、お客さんの安心・信用を第一に考え、

メルカリは若いお客さんが圧倒的に多く、

ヤフオクは1円から入札可能なオークション形式だったりと、

特徴はさまざまです。

 

例えば、中古品をアマゾンで販売するなら、

商品のコンディションは妥当かどうか。

商品説明は良い部分だけではなく、気になる部分も伝えているか。

クレームが入ったときに、まず、お客さんの話を聞く姿勢か。

など、お客さんが安心して買える環境を考えることです。

 

また、インターネット上の販売は、

直接、商品を手に取ることができない。

お客さんの表情がわからない、会話もできない分、

文章力や画像で正しく伝えることも必要です。

 

たまに、商品コンディションの説明でこんな文章を見かけます。

↓↓↓

「商品に多少のヨゴレやキズがありますが、神経質な人は購入しないでください」

 

あまりいい印象ではありませんよね?

書いてあるんだから、買ってからクレームつけるな!と言っているようなものです。

自分本位の発想になると、売りたい気持ちが文章に出てしまいます。

(私もそうなっていることは否定できませんが・・・(;・∀・))

 

アフィリエイトでも同じことです。

ひたすらセールスポイントばかり伝えるあまり、

怪しい広告になり、まったく売れなかったり、

仮に売れたとしても、

本来、その商品には合わない人が買ってしまうと、

高確率でクレームにつながります。

 

あなたの価値観とお客さんの価値観は違います。

もちろん、あなたの価値観と私の価値観も違います。

お客さんに「ありがとう」と言ってもらえない限り、

ビジネスはうまくいきません。

自分の利益だけを優先した出発点を誤ったビジネスの行きつく先は、

今回のPCデポのニュースです。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

 

この記事を読むと、従業員さんの中には、

今回のような問題に心を痛めていて、

辞めた人もかなりいるのではないかと想像してしまいます。

お金は重要ですし、お金がないのに幸せなんてないという思いは、

私の中ではいまでも変わっていませんが、

人はお金だけで縛りつけることはできません。

 

決して、サラリーマンを否定するつもりはありませんし、

良い面もあるのは理解していますが、

たまたま勤務している会社が今回のような問題に直面したとき、

勤務している会社に対して、毅然とした態度をとるには、

あなた自身が稼ぐ力を身につけることです。

あなた自身に稼ぐ力があれば、会社が倒産してもクビになっても生きていけます。

 

少しずつでも勉強して稼ぐ力を身にをつけて、あなた自身が変われば、

見える景色も変わっていきます。

それに、いざというとき副業ではなく、起業するという選択肢もできます。

あなたが本気になれば、稼ぐ力は身につきます。

もう遅いと思っても、今より早く始めることはできません。

まずは、最初の一歩を踏み出してみることです。

質問があったらメールくださいね。

 

ご意見、ご感想もお待ちしております。

ひろかずにメールする!

 

目次(記事一覧)

 

 - ニュース, 思考(戦略)