副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

ビームを使わずブックオフせどりで月商20万円を達成した方法~第5回~

      2017/04/21

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ひろかずです。

さて、今回は、せどり実践記を一回お休みして、

前回(第4回)の編集後記で書いたとおり、

物販の資金繰り(お金の出入り)について書いてみます。

 

まずは、物販のメリットとデメリットについて、

以前書いたものがあるので、こちらをご覧になってください。

【インターネットビジネスで収入を得るには?「物販編」】

 

物販の最大の問題点は、やはり「在庫」です。

先に商品を仕入れなければいけないため、

お金が先に出ていきます。

そして、もし売れなければ、お金は入ってきません(;・∀・)

利益率も平均すると、20%から30%くらいです。

ですので、ある程度の資金が準備できないと、

仕入れができないということになりかねません。

 

あなたが、もし、これからせどりを始めることを考えているのでしたら、

せどりを始める前に、最低限の資金繰り(お金の出入り)の知識は持ってくださいね。

もし、疑問点などありましたら、メールをください。

 

では、初めていきます。

 

最近、ネットビジネスでは無在庫転売のノウハウもちらほら出回っていますが、

私は無在庫転売には興味がないので、そこについてはわかりません(-ω-)/キッパリ

物販で無在庫が実現できれば、それはリスクがなくて最高ですが、

大抵の無在庫転売ノウハウの行きつく先は、アカウント停止です。

 

もし、無在庫転売のノウハウでも問題ない方法があるとすれば、

ポイントは、お客さんに絶対に迷惑が掛からないことだと思います。

なかなか配送できなかったり、

仕入れる予定の商品が調達できずにキャンセルしていると

トラブルになるのは容易に想像できますよね?

 

無在庫転売について、私はアドバイスできませんが、

あなたが、もしお考え中であれば、リスクがあることは忘れないでくださいね。

 

さて、ちょっと話がそれましたが、今日の資金繰りの話は、

在庫を保有することが前提の物販の話です。

 

あなたは、こんなセールスを見たことはありませんか?

↓↓↓

「いま、資金がなくてもクレジットカードされあれば始めることができます。

物販は、安く買って高く売るだけなのでリスクはありません。

私はたった10万円の資金しかないところから初めて、

初月でなんと月商100万円!・・・」

 

オイッ(;・∀・)っとツッコミを入れたくなります。

こんなの無理ですよ!

間違っても本気にしないでくださいね。

 

ちなみに「月商」とは売上高のことです。

売価1000円なら売上高1000円です。

利益ではないですからね。

 

では、なぜ資金なしでは無理なのか?

まずは、この図をご覧になってください。

sedorinagare

 

これは、アマゾンFBAという制度を利用した物販のお金の出入りの流れです。

青色が支出、黄色が入金です。

黄色の入金が始まるのは、商品が売れた約2週間後からです。

そこまでは支出しかありません。

ですので、早くても入金まで1か月半、

副業でサラリーマンが取り組む場合は2か月くらい見ておいたほうが無難です。

 

ちなみにアマゾンFBAとは、出品者の商品をアマゾンに納品して、

アマゾンが販売、代金の回収、配送、サポートなどをあなたの代わりにしてくれる制度です。

月額手数料と在庫保管手数料がかかりますが、

アマゾンの信用と配送スピードなど、あらゆるサービスを活用できるので、

サラリーマンが副業で物販を行う場合には、FBAが最適です。

 

私は起業していますが、もし、アマゾンがFBA制度をやめたら、

私は物販から全面撤収します。

母の介護をしながらですので、梱包や発送などをしてる場合ではありません^^

 

あなたが副業でネットビジネスに取り組む場合も同じだと思います。

本業の仕事があるのに、梱包や発送をしてるのは時間がもったいないです。

たとえ副業でもあなたは経営者ですので、労働してる場合ではないですよ。

 

おっと、また話がそれました。

お金の出入りの話しでしたね(;・∀・)

 

まずは、せどりを始めたばかりのときに出ていくお金の内訳です。

1、パソコンやWifiなどの環境整備費用

2、検品、梱包などに使用する消耗品の購入費用

3、アマゾンの月額利用料、せどりツール利用料

4、商品の仕入れ代金

 

1、パソコンやWifiなどの環境整備費用

パソコンやWifiは、インタネットに接続して普通に動作すれば問題ありません。

スマホだけだとかなりつらいので、やはりノートパソコンは必要です。

私のようにガラケーしかもっていないとスマホの契約も必要です。

バーコードリーダー(KDC200など)もそれなりの値段はします。

 

私が最初に買ったパソコンはASUS(エイスース)のノートPCです。

軽くて性能がいい割りに安いので、初心者さんにはおすすめです。

「ASUS ノートパソコン」で検索してみてください。

⇒ 楽天市場

 

2、検品、梱包などに使用する消耗品の購入費用

アマゾンFBAを利用する場合でも、最低限の消耗品は購入しておいたほうがいいです。

私はトレンド商品(話題になって価値が上がる商品)は扱わないので、

急いで出品するようなことは、まずないのですが、

トレンド商品はスピードが命なので、のんびりFBA納品してる場合じゃありません^^

そんなとき、検品、梱包資材がないと困ることになります。

また、不測の事態に備える意味でも最低限の資材の確保は必要です。

 

本せどりの消耗品はこちらを参考にしてください。

お役立ち情報

 

3、アマゾンの月額利用料、せどりツール利用料

アマゾンの月額利用料は5292円(税込)です。

大口出品にしないとFBAは利用できないので、必ずかかる費用です。

小口出品なら月額利用料はかかりませんが、

1商品成約ごとに108円の手数料がかかります。

副業でも事業としてせどりを始めるのであれば、

小口出品にメリットはありません。

⇒ 大口出品と小口出品の違いはこちら

 

せどりツールは、せどり風神2を利用しています。

他のせどりツールは使用していないので比較できないのですが、

ずっと使い続けている理由は、このツールに不満がないからです。

無料登録だとブックオフコードが読めないので、

本格的にせどりを始めるには、有料会員への移行が必要になります。

 

4、商品の仕入れ代金

本の場合ですと、100サイズのダンボール1箱いっぱいになると、

私は代行会社に本を送っていました。大体40冊ちょいです。

少ない量でアマゾンに納品したり、代行会社に送ると、

1冊あたりの配送費用が増えますので、

それだけ資金繰りは苦しくなります。

 

だったら代行会社に依頼せず、自分で清掃、検品して、

アマゾンに納品したほうがいいと思うかもしれませんが、

これがかなりの手間です^^;(試しにやってみるとわかります。)

 

せどり風神2の会員になると、

せどり研究所(出品代行)が利用できるようになります。

特に始めたばかりのときは、プロに任せてしまったほうがいいと思います。

わからないこともメールで質問して、サポートしてもらえたので、

挫折せずに続けることができました^^

 

このような費用は、最初から盛り込んでしまえばいいだけです。

なるべく商品1コあたり(本なら1冊あたり)に落とし込んで、

費用をして計算してみてください。

そうすると、商品1個あたりの利益が計算できます。

 

あなたは経営者です。

数字で計測する感覚はとても重要ですよ!

 

また、仕入れをすればするだけお金は出ていきます。

最初は在庫を増やしたいので、

仕入れに集中しすぎると、お金が出ていく一方で、

資金切れになる可能性もあるので気をつけてください。

 

私が本せどりから始めるのをおすすめするのは、

商品の単価が圧倒的に安いからです。

単価が安いということは、仕入れ代金も抑えることができます。

 

初心者さんはモノレートの見方を間違えて、

うっかり売れない商品を仕入れてしまいます。

ヨゴレがひどく仕入れてはいけない商品も仕入れてしまいます。

 

ちなみに私が初月に仕入れた本は、

売れなかったり、価格が暴落したり、

ヨゴレがひどいものだったり、

大半が不良在庫になりました(;・∀・)

 

ただ、本なら仮に失敗しても、かすり傷で済みます^^

100冊失敗しても2万円程度の損失です。

ホビーや家電など単価が高い商品だったら、

たった1個で数万円の損失ということもあります。

 

 

サラリーマンをしながら副業となると、

ネットビジネスを始める準備だけで1か月くらいはかかります。

週末が本業の休みだとすると、

仕入れに出かければ、アマゾンへの納品ができないです。

代行会社を利用する場合も同じです。

 

また、仕入れに出かけなくても、

納品する分量の仕入れができていないと、

次回のお休みのときに発送になります。

(※お勤めの日でもコンビニなどに持ち込んで発送することは可能ですが大変です^^;)

 

ようやく商品がアマゾンのあなたの店舗に並んでも、

売れない限りはお金が入ってきませんし、

アマゾンの入金サイクルは14日に一度です。

(※実際は振り込みまでの期間があるので、最初はあと数日かかります。)

 

で、冒頭の話になりますが、これは無理ですよね(;・∀・)

↓↓↓

「いま、資金がなくてもクレジットカードされあれば始めることができます。

物販は、安く買って高く売るだけなのでリスクはありません。

私はたった10万円の資金しかないところから初めて、

初月でなんと月商100万円!・・・」

 

もう一度、図を表示しますが、

ご覧のとおり2か月はお金が出ていくのみと考えたほうが無難です。

sedorinagare

 

他のせどりに比べて仕入れ代金が圧倒的に安い本せどりでも、

ある程度の資金は必要です。

それにお金に余裕がなくて不安になると、

しばらく待っていれば高値で売れるのに安売りしたり、

やってはいけない行動をとりだして余計に資金難になることもあります。

まずは、あなたの生活の状況にあったお金の出入りを考えて見てください。

 

お金を稼ぐことに対する意識が強すぎると失敗の原因になります。

何度も書いていますが、あなたの成長を楽しむ姿勢で取り組むと、

結果は出やすいビジネスモデルです。

 

仮に本せどりで利益が出なくても、

仕入れから販売までの流れ、

モノレートの見方の理解、

アマゾンFBAの仕組みの理解、

これが体感できれば、他の中古品せどりや輸入ビジネスなどに拡げるときに楽になります。

 

まずは、「成功するあなたになる」第一歩を踏み出してみてくださいね!

 

編集後記

私の場合は、初月にいろいろ失敗したこともあり、

初月の売上高は、なんと13625円( ̄▽ ̄)

ほとんど準備だけで終わってしまいました。

akashi

お金ベースで実質プラスになったのは年末だったので、

実に8か月以上かかりました。

 

最初はパソコンもスマホも持っていなかったことや、

とにかく仕入れ数を増やしにいったこともあり

一時期、お金ベースでマイナス30万円までいきました。

せどりは頑張った結果が遅れてやってきます^^

 

ネットビジネスを始める前にお金の流れをイメージしておいたほうが、

不安にならずに取り組めますので、

紙に書き出してみるなど、考えてみてください。

 

私の資金回収が8か月以上もかかった理由は、

第6回以降で書いていく予定です。

 

ビームを使わずブックオフせどりで月商20万円を達成した方法

⇒ 第6回はこちら

 

 

目次(記事一覧)

 

 - せどり, 日記