副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

【重要!】アマゾン出品ガイドラインにしれっ~と恐ろしいことが書いてあった件

   

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ひろかずです。

 

今日、アップロードする予定だった記事を先ほど書き終わったんですが、

たまたまアマゾンの規約を読んでいたら、かなり驚くことが書いてあったので、

予定を変更して、こちらをシェアしたいと思います。

 

まずは、青枠内この一文を読んでください。

⇒ えっ!そうなの?いつの間に・・・マジか!!!( ̄▽ ̄)

 

アマゾン 共通ガイドライン2

エ レクトロニクス、楽器、ホーム(家具・インテリア・キッチン)、ホームアプライアンス(小型白物家電)、
文房具・オフィス用品、パソコン・周辺機器、大型 家電、カメラ

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085248#Hard_Leisure2

 

これは、いつの間に変更になったんでしょうか?

 

私は国内新品を扱っていないからなのか、

それともアマゾンからのメールを見逃したのかわかりませんが、

いままで気がつきませんでした(;・∀・)

 

家電製品については、前から気になっていました。

新品で製品を購入したときの保証期間ってどうなるんだろう?と

 

国内せどりに詳しいせどらーにメールで質問したこともあります。

(返事は返ってきませんでしたが・・・^^;)

 

例えば、出品者が2016年8月1日にヤマダ電機で家電製品を買いました。

仮に保証期間が1年だとすると、保証期間は翌年2017年の7月31日までです。

その出品者がアマゾンに出品して、翌年2017年8月にその家電製品が売れました。

そして2か月くらいで壊れました。

 

この場合、商品を購入したお客様は、当然、保証期間内だと思ってますよね?

 

でも、メーカーが卸した店舗ではなかったとすると、

保証期間外です。(;・∀・)

 

個人が転売していれば、メーカー卸しではないですよね。

これってどう考えても、トラブルになりますよね・・・

 

私の場合は調べているときに、介護問題が勃発したので、

結局、国内せどりは棚上げになってしまい忘れていましたが、

この規約どおりだと、新品で出品できません。

 

これは知らずに、「新品」で販売していたら、

下手するとアカウントが飛びます。

 

こういうときは他人の話を鵜呑みにせずに、

徹底的に調べることです。

 

アマゾンサポートに聞くのも一つの方法ですが、

サポートの人だって、すべてを完全に把握しているわけではありません。

サポートに聞くにしても、まずはあなた自身が調べることは重要です。

 

ちなみにこういう時によく見ているあまぞん神社にはこう書いてありました。

アマゾンでの新品保証書について考える

⇒ http://amazin7.web.fc2.com/amazin/32.html

 

前からこういう規約だったのか?

それとも最近変わったのかはわかりませんが、

あまぞん神社にも書いてある通り

「お客様が不利益にならないようにするにはどうしたらいか?」

ここを考えれば、規約違反にはなりにくいのではないでしょうか?

 

それでも規約違反が疑われる事態になったときは、

まずは冷静に考えて、迅速に対応することです。

 

最近、FBA手数料も値上げになりましたし、

出品規約もどんどん厳しくなっています。

ですが、副業サラリーマンが1人で物販をやる場合、

現状では、おそらくFBAなしには難しいと思います。

 

「まあこれくらい大丈夫だろう」とか

「ノウハウの販売者が大丈夫だと言っているから」とか

あなたが考えず、他人任せに結論を出すと後悔することになります。

 

たとえ副業でも、あなたが経営者です。

忘れないでくださいね。

 

編集後記

いやービックリしました。

新品のガイドラインを探していたわけではないのですが、

迷宮のようなヘルプページで迷子になってしまい、

たまたま見つけました。

 

あんなこと書いてあったっけな~( ̄▽ ̄)

思い出せません・・・

 

もし、最近の出品規約改正なら、

今後、個人では、家電製品を新品で販売できなくなるかもしれません。

 

仮に前からの規約だったとしても、

取り締まりが厳しくなると、

アカウント停止なんて事態になりかねないです(;・∀・)

 

そういえば、最近になって、メイン画像の背景が白抜きじゃないと、

無条件に削除するというメールも来てました。

段々、厳しくなってますね。

 

おそらく規約を守らない出品者が増えているんだと思います。

 

私も他人事ではありません。

規約はいつ書き換わるかわかりませんし、すべて把握するのは困難です。

できることがあるとすれば、

やはり、商品を買う人の立場になって考えることです。

 

いつまでも同じ方法は通用しません。

今後も、せどりに参入しようとする人は増えると思いますので、

早めに初めて学ぶのが一番の近道だと思いますよ!

それでは。

 

目次(記事一覧)

 

 - せどり