副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

【速報!】ついに始まった!アマゾンFBA在庫保管手数料大幅改定

      2017/08/10

目次(記事一覧)

 

こんにちは。ひろかずです。

今年の初めにアマゾンが2017年にやりそうなことを予想しましたが、

流通革命以前に、FBA在庫保管手数料の大幅改定が先にきました(;・∀・)

 

以前の記事はこちら

⇒ アマゾンが2017年にやりそうなことを書いてみた件~PART1~

 

今回の在庫保管手数料の改定は、

体積が小さな商品でもかなり影響がある話です!

もちろん中古本やその他の中古品も例外ではありません。

 

では要点を簡単にまとめます。

 

1、「長期」の期間が2段階に変わる。

・現在:365日

・改定後:第一段階・180日、第2段階・365日

 

2、「FBA長期在庫保管手数料」が2段階に変わる。

・現在:

365日を超えると、1000立方センチ(10cm×10cm10cm)につき約175円

 

・改定後:

180日を超えると、1000立方センチにつき約88円

365日を超えると、1000立方センチにつき約175円

 

3、FBA長期在庫保管手数料の対象となる在庫のうち、

1商品(1ASIN)につき1点は課金が免除されていましたが、

この制度の廃止(これが実はかなり大きい!!! ※理由は後ほど解説します。)

 

この3点です。

 

いままでなら、中古本の仕入れから始めた場合は、

特に長期在庫保管手数料について何も知らなくても問題ありませんでした。

 

なぜかというと、上記3に書いたように、

1商品(1ASIN)につき1点は課金が免除されていたからです。

 

同じ中古本を大量に仕入れていて、

かつ、まったく売れなければ多少の影響はでますが、

ツールを使って仕入れていれば、

まったく売れない中古本を何冊も仕入れることはありません。

なので、初心者にとって中古本は最高の練習材料でもあったんですが、

今後はランキングが低い商品の仕入れには注意が必要です。

 

では、せどり(物販)初心者でも考えなくてはいけなくなった

長期在庫保管手数料の具体的な計算方法を書いてみたいと思います。

 

★FBA長期在庫保管手数料の計算方法

アマゾンのヘルプページに現在の計算方法が書いてあります。

⇒ FBA長期在庫保管手数料について(アマゾンヘルプ)

 

改定後は、在庫保管日数の計算が2段階になって、

かかる保管手数料の単価もその日数にあわせて2段階になっただけで、

基本的な計算方法は変わりません。

 

では、順番に確認していきます。

 

① FBA在庫保管日数の計算

在庫保管日数とはアマゾンフルフィルメントセンター(FBA)が

商品を受領した日から現在までの日数で計算します。

例えば、1月1日にアマゾンが商品を受領して、

現在の日付が2月1日なら、在庫保管日数は31日です。

 

② FBA在庫保管手数料の計算基準日

アマゾンは、毎年2月15日と8月15日を基準にして在庫保管手数料を計算します。

ですので、2月14日にアマゾンが受領した場合と2月16日に受領した場合では、

長期在庫保管手数料のかかるタイミングが半年も変わります。

 

例えば、平成28年2月14日にアマゾンが納品受領して、

そのまま商品が売れずに平成29年2月15日を迎えたとします。

そうすると在庫保管日数が367日になります。

(※うるう年の1日がどうなるのかまでは確認していませんので、

ギリギリの日数を狙うのはやめてくださいね^^)

 

この場合は、平成29年2月15日の時点で長期在庫保管手数料の対象です。

 

ですが、平成28年2月16日に納品受領された場合は在庫保管日数が364日なので、

平成29年8月15日の時点が長期在庫保管手数料の対象日です。

 

この考え方は改定後も同じですが、

改定後は在庫保管日数180日超えで第一回目の基準日を迎えますので、

こんな小技さえもほとんど意味はなくなります^^;

 

在庫保管日数の計算事例はアマゾンヘルプの下のほうに書いてありますので、

確認してみてください。

⇒ FBA長期在庫保管手数料について(アマゾンヘルプ)

 

③ FBA長期在庫保管手数料の計算

では、①、②を踏まえて、

アマゾンFBAの長期在庫保管手数料がどれだけ脅威なのか実際に計算してみたいと思います。

 

まずは計算方法です。

 

1000立方センチ(10cm×10cm×10cm)につき

在庫保管日数が180日を超えた場合・・・87.4285円

在庫保管日数が365日を超えた場合・・・174.857円

 

アマゾンヘルプページの本の事例で改定後の長期在庫保管手数料を計算してみます。

 

・在庫保管日数が180日を超えた最初の基準日(※1個あたりの金額を計算)

本の寸法が25×18×2なので900立方センチです。

87.4285円×900÷1000=78.68565

端数は切り捨てて「78円」になります。

 

同様に第二段階の365日を超えた場合を計算すると、

アマゾンヘルプの事例のとおり「157円」になります。

 

なんだ。。。そうでもないじゃん(*´ω`*)なんて思ったら大間違いです!!!

 

もちろん通常の在庫保管手数料は徴収されますし、

月額在庫保管手数料シミュレーターで先ほどの本の本来の在庫保管手数料を計算してみます。

 

1か月の在庫保管手数料がたった7円なのに、

6か月保管するとプラス78円(ん?(;´・ω・))

12か月を超えると6か月ごとに157円!(ん?(;´・ω・) 高いような・・・)

 

小さな本1冊で1か月7円だから1年で84円のはずが、

全部足すと、なななんと!たった1冊で319円(エーーーーー( ̄▽ ̄))

余裕で大赤字の出来上がりです。

 

実は今回の最も大きなポイントは1点物の中古品が対象になったことです。

 

この一文の意味がどれだけ大きいかお気づきですか?

↓↓↓

「各ASINごとに在庫1点の課金を免除するルールの廃止」

 

しれっとアマゾンはメールを送ってきましたが、

例えばあなたが中古本300冊をアマゾンのFBA倉庫に保管していて、

かつ、売れずに365日を超えてFBA倉庫に保管していても、

いままでは300冊がすべて違う本なら長期在庫保管手数料はかからなかったんですよ。

 

それが、2017年8月15日時点で保管日数180日を超えている商品は、

1点物だろうが何だろうがすべて長期在庫保管手数料の対象になりました。

 

仮に先ほどの体積で300冊分の差額保管手数料を計算すると、

180日越えで23400円!

365日超えで47100円!

1年ほったらかしたら・・・

合計70500円(ファーーーーー(ToT)/~~~)

 

まあ普通は第一段階の前に返送するはずですが、

ボッタクリ詐欺にあった気分になります(;・∀・)

 

しっかり計算しないとアフターカーニバル(あとの祭り)です。

小さな本でこの破壊力ですから大型商品なんて洒落にならん。。。

 

でも、これはチャンスでもあります。

一応、アメもセットになってました^^

 

FBA納品時にFBAパートナーシップ(ゆうパック)を選択すると、

2017年12月末まで、FBA納品時の配送料が無料になるそうです。

 

ただしFBA納品先を固定していないことが前提です。

例えば、納品先を小田原FCに固定していたら、

それを解除しておかないとFBAパートナーシップは選択できないようです。

 

気になる場合は早めにアマゾンサポートに確認してみてくださいね。

 

編集後記

いまから副業でせどり(物販)に挑戦しようと思っていた場合は、

今回のような記事を目にすると、

「なんだか大変そうだし、またいい状況になったら考えるか・・・」

と思うかもしれませんが、

こういうときこそチャンスです。

 

いつものアマゾンのパターンなら書籍だけ免除とかが多いのですが、

今回は中古品の1点物も対象です。

よほど倉庫のスペースがないんですかね(;・∀・)

 

段々、副業で物販に参入する人も増えてきているので、

アマゾンも質を上げるために真剣に商売する気がない人を

追い出しにかかってるかもしれないですね。

 

今後もどんどん厳しくなっていくと思いますが、

あなたが本気で物販に取り組むならチャンスです。

副業でもサラリーマンでも関係ありません。

 

アフィリエイトなら楽に稼げるかというと、

アフィリエイトだって真剣に販売や文章について

勉強する人が増えてきているので同じことです。

 

私のプロフィールを読んでくださればわかりますが、

最初はネットビジネスを無理やり始めたようなものです。

 

ポンコツサラリーマンの私にできてあなたにできない訳がありません。

 

あなたが行動すれば未来は変わりますよ!

 

目次(記事一覧)

 - せどり