副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

売上が大きければいいという誤解!せどりで見るべきたった2つの数字

      2017/11/25

目次(記事一覧)

プレゼント盛りだくさん!稼げない悩みを解決する動画を無料公開中!

無料動画はこちら

 

こんにちは。ひろかずです。

副業ネットビジネスの確定申告コンテンツを追加しましたので、

良かったらご覧ください。

⇒ 副業ネットビジネスの確定申告・税金(目次)

 

さて、あなたは物販(せどり)で稼ぐためには、

何が一番必要だと思いますか?

 

「とにかく売上の拡大だ!」

もしそう考えていたらかなり危険です。

 

「月商1000万達成!」

「年商1億達成!」

 

こんな文字を見るとすごい儲かっていると思うかもしれませんが、

そうとは限りません^^;

 

仮に月の売上(月商)が本当だとしても、

年の売上(年商)が本当だとしても、

かかる経費が大きかったり、現金が不足していると

実際は資金不足で自転車操業ということはよくあります。

なぜかというと、売上(月商)が大きいことは必ずしもいいことではないからです。

 

売上は「規模」を測る数字です。

 

ブックオフの2017年度の売上はいくらだと思いますか?

 

ちょうど第三四半期(9か月分)の資料がブックオフのホームページに公開されていたので、

見てみると、9か月間の概算売上高は600億円!です。

⇒ 第三四半期(9か月分)の資料

(リンク先:ブックオフホームページ・PDF資料)

 

月商はおよそ66億円(600億円/9)ですが、

営業利益(会社の本業のもうけを表す数字)は9か月で5億円の赤字です(;´・ω・)

 

毎月、売上が66億円もあるのに、

1か月営業すると5500万円(5億円/9)くらい赤字になってる計算です( ̄▽ ̄)

 

頑張れば頑張るほど赤字。

売れば売るほど赤字です。

 

もうご理解いただけましたよね?

 

売上(月商)はただの「規模の大きさ」です。

 

せどり(物販)で重要なのは売上ではありません。

 

では、せどりで重要な2つの数字とはなんでしょうか?

 

重要なのは、「利益率」と「在庫回転率」です。

 

利益率と在庫回転率って言われて、

「あーそれ知ってるよ(-ω-)/」と思うかもしれませんが、

この意味も結構勘違いしやすいところですので、

よーく読んでくださいね^^

 

1、利益率

「利益率」です!

決して「利益額」ではありません!

ここはよく間違いやすい点です。

 

例えば、①と②どちらがいい商品ですか?

① 売価10000円(利益2000円)

② 売価1000円(利益500円)

 

「利益額」で見れば、もちろん①ですが、

重要なのは「利益率」です。

 

① 利益率は20%(10000円/2000円)

② 利益率は50%(1000円/500円)

 

どちらの商品がいいかというと、優秀なのは②です。

ただ、もう一つの数字「在庫回転率」と大きく関係するので、

この「利益率」だけでは、必ずしも優秀とは言えません。

なぜなら1個も売れなければ、絵に描いた餅だからです。

 

2、在庫回転率

在庫回転率は、商品回転率とも言います。

「在庫回転率」とは在庫をコマのようにグルグル回して何回回るかを表す指標です。

ってウソです( ̄▽ ̄)

 

「在庫回転率」とは1年間に何回在庫が入れ替わったのかを表す指標です。

計算式でいうと、年間売上高/年間平均在庫数になるのですが、

そんなんじゃわかりずらいので、もっと簡単にしてみます。

 

例えば、先ほど例題にした商品に年間の売れ具合を加味するとどうなるでしょうか?

 

① 売価10000円(利益2000円、年間4回転(1年で4個売れる))

② 売価1000円(利益500円 年間10回転(1年間で10個売れる))

 

年間の利益額は

① 2000円×4=8000円

② 500円×10=5000円

 

ここでも①のほうが利益額は大きいですが、

やはり優秀な商品は②です。

 

在庫回転率は大きいほど回転している。つまり売れている商品です。

なかなか売れないということは、なかなかお金が入ってきません。

 

物販で一番怖いのは「在庫」です。

 

どんなに在庫がなかったらいいかといつも思います^^;

 

次の仕入れに回す資金がないと、次第に仕入れる数が減り、

ますます資金が足りなくなるという悪循環に陥ります。

 

あなたの資金がどのくらいあるかにもよりますが、

物販を始めたばかりのときは、利益率よりも在庫回転率のほうが重要です。

資金が増えないとなにもできないですからね。

 

せどり初心者は「売上高」と「利益額」に目がいきがちですが、

重要なのは「利益率」と「在庫回転率」です。

 

ただし、「利益率」と「在庫回転率」は相反する数値でもあります。

 

基本的には、

・商品を値下げすると利益率は下がり在庫回転率は上がります。

・商品を値上げすると利益率は上がり在庫回転率は下がります。

 

ですので、いかに現状を確認しながらバランスをとるかなんですが、

そうはいってもなかなか基準がわからないですよね?

 

重要なのは、あなたが在庫を数値で管理する習慣をつけることです。

数値で考えようとすれば、あなたの脳みそが勝手に考え始めます。

 

そして数値で管理していると、必ず改善点が見えてきます。

 

例えば、

・利益率が低すぎるなら、利益率の低い商品はしばらく仕入れない

・在庫回転率が小さい(低い)なら、ランキングの高い売れ筋商品に的を絞って仕入れる

など改善できます。

 

先日の記事にも書きましたが、

アマゾンFBAの長期在庫保管手数料が半年で加算されるようになりました。

⇒ 【速報!】ついに始まった!アマゾンFBA在庫保管手数料大幅改定

 

資金にまかせて大量にFBA倉庫に送って放置するという戦法は

ますますおすすめできません。

 

アマゾンセラーセントラルにはビジネスレポートという非常に優秀なデータが揃っています。

最初は理解できなくても何度も見て、調べていると理解できるようになりますよ!

 

編集後記

特に物販(せどり)は感情的にならないように数値で管理するのが重要です。

参考になるかわかりませんが、私が基準にしているのは次の2点です。

 

1、利益率(売上高/利益)は30%を目指す

(20%を切ったら危険信号! ⇒ 取り扱い商品、価格を見直す)

 

2、1日あたり全在庫数の1%販売することを目指す

例えば、在庫500コなら、1日あたりその1%(5コ)を売ると、

100日で在庫が全部なくなります。

(0.7%を切ったら在庫を持ちすぎないように調整する ⇒

自宅に在庫返送して保管。在庫状況が改善するまで売れ筋商品に的を絞る)

 

この数値が必ずしも正解ではありませんので、

あなたの状況にあわせた基準を考えてみてくださいね。

 

ポンコツガラケーおじさんでもできるんですから、

あなたにできないわけがありません。

あなたが数値で管理すると決めれば、脳みそが勝手に考えだしますよ^^

 

編集後記PART2

最初にも書きましたが、副業ネットビジネスの確定申告コンテンツを作りました。

⇒ 副業ネットビジネスの確定申告・税金(目次)

 

疑問・質問がありましたらメールくださいね!

 

プレゼント盛りだくさん!稼げない悩みを解決する動画を無料公開中!

無料動画はこちら

 

目次(記事一覧)

 - せどり