副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

第3章『ひろかず またパチンコにハマる』

やめられませんなぁ。。。

目次へ戻る(逆転ストーリー)

 

専門学校を卒業して、就職しなかった私は、

家でゴロゴロ寝ていました。

ピリピリした緊張感がなくなり、

風船がはじけるように、

力が抜けてしまいました。

 

家のことは、どうなるか不安だったのですが、

私の予想はハズれ、持ちこたえていたので、

もしかして、大丈夫なのか?と思うようになり、

以前より危機感が薄くなっていました。

 

資格をどう生かすか考えていましたが、

就職してないので、どうやって仕事にするのか

全く分かりませんでした。

 

そんなことを考えながら、町をフラフラしていたら、

また、パチンコ屋が目に飛び込んできました。

競馬、麻雀は一切やらなくなっていましたが、

「パチンコは勝てるのでは?」と思っていました。

 

今では簡単にインターネットを調べれば、

有益な情報は見つかりますが、

携帯電話がようやく小型化されたくらいのころで、

情報を得る手段なんて書籍くらいしかありませんでした。

 

信じられないかもしれないですが、

携帯電話の最初のころは、

今みたいにコンパクトなものではありません。

ガンダムの肩パーツくらいのサイズでした。

 

たまたま手に取ったパチンコ雑誌を見て驚きました。

どうやったら勝てるのかが載っていました。

 

今では珍しくもないパチンコ雑誌ですが、

当時はこういう雑誌もほとんどなかったのです。

うさんくさい裏技みたいな広告も多かったので、

正直、半信半疑でしたが、

過去に新装開店で勝った経験から

あることに気づきました。

 

「もしや、単純に回ればいいだけ?」

 

デジタル式になっていたパチンコは、

スタートという所に入るとデジタルが回りました。

そして、デジタルが揃うといっぱい玉が出る仕組みでした。

 

少ない投資でいっぱい回れば勝てる。

こんな単純なことに気づきませんでした。

新装開店で勝てていたのは、ただ、回ったからでした。

 

そこから、またハマってしまいました。

 

試しに回った回数を数えてみると、

パチンコ台によってぜんぜん違いました。

 

知識がないと搾取されるんだと思いました。

 

これで一気に稼げると思いましたが、

現実は甘くはありませんでした。

探せど、探せど、回るパチンコ台なんて、

そうそう見つかりませんでした。

 

そりゃそうですよね。

そんな台ばかりじゃ、店は潰れます^^;

 

全体の仕組みが全く頭に入っていませんでした。

 

それでも、繰り返し探しているうちに、

徐々に理解が深まり、勝てるようになっていました。

 

アルバイトをしながらパチンコをしていましたが、

アルバイト収入を吹き飛ばすことはなくなっていました。

 

 

少しずつ溜めたお金で一人暮らしを始めようと思いました。

 

両親に相談すると、反対はしませんでした。

 

家のお金のことを聞こうと思いましたが、

やはり不安で聞くことはできませんでした。

 

父の具合いの悪さは、誰が見ても明らかでした。

 

見て見ぬフリをしました。

自分のことしか考えていませんでした。

資格のこともすべて忘れていました。

 

 

相変わらず、自分のことしか考えていないひろかず。

ついに天罰が下る。

長年のツケを清算することに・・・

 

 

目次へ戻る(逆転ストーリー)

 

 

公開日:
最終更新日:2017/08/10