副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

第4章『ひろかず ついに天罰が下る』

ひろかず、放心状態。。。

目次へ戻る(逆転ストーリー)

 

現実から目を背けて一人暮らしを始めました。

 

小さなアパートの一部屋を借りました。

 

一人暮らしを初めて1年。わりと順調でした。

 

相変わらずアルバイトでしたが、

それなりに収入はあり、

パチンコもいい小遣い稼ぎになっていました。

もっと勝てるのではと、有頂天になっていました。

 

そんなとき、朝早くに電話が鳴りました。

間違い電話かなと思いました。

 

受話器をとると、母でした。

 

一気に血の気が引きました。

嫌な予感しかしませんでした。

 

母:「ちょっと相談したいことがあるんだけど」

私:「えっ、何?」

母:「すぐに帰ってきて・・・」

 

それ以上、怖くて聞けませんでした。

とにかく実家に急いで帰りました。

 

実家に帰ると両親が下を向いて座っていました。

弟も無表情で座っていました。

 

私は意外と冷静でした。

思っていたより動揺しませんでした。

 

母:「もうどうにもならない・・・」

私:「何が?」

 

すると、母が一枚の紙キレを見せました。

 

特別送達郵便でした。

 

裁判所から来た本物でした。

 

内容は、借金を払わなければ、

差し押さえという通告でした。

 

もちろん、初めて見ました。

金額が90万くらいだったので払えると思いました。

 

私:「これで全部?」

母:「・・・・・」

 

そんな訳ないなと思いながら、聞いていました。

 

母:「わからない」

私:「えっ?わからないってどういうこと?」

 

母は首を横に振るばかりで、わからないしか言いません。

 

「これは終わったな・・・」

 

一気に力が入らなくなりました。

 

しばらくしてようやく事態を把握しました。

 

サラ金、銀行、個人含めて、

借金総額8桁は軽く超えていました。

 

思考停止して何とも思いませんでした。

 

 

結局、家族で頑張って返すという話になり、

具体的な試算は、全くしていませんでした。

 

ひとまず、保険などを解約して、

特別送達郵便分をなんとかするということになりました。

 

後でわかったのですが、解約したのが、

父の生命保険でした。

 

これも後でわかったのですが、

すでに父は余命宣告されていました。

 

正しい知識がないと、

こういうありえないことが起きます。

 

絶対死守しなければいけない最後の切り札を

先に切ってしまいました。

 

 

人々が急ぎ足でいきかう交差点。

車の騒音。クラクションの音。

ただ呆然と歩いていました。

周りがやけに静かで、

私だけ別の世界にいるような感覚でした。

 

いつの間にかアパートに戻っていました。

 

急に身体が重くなりました。

 

いつの間にか眠り込んでいました。

 

目を覚まし時計を見ると、すでに昼すぎでした。

嫌な夢をみたなぁと思いましたが、

徐々に目が覚めるにつれ現実だと気づきました。

 

「これから一体どうなるのだろう?」

 

不安と恐怖しかありませんでした。

 

 

呆然とパチンコをしていました。

 

アルバイトも休みがちになっていました。

 

具合いが悪いと言っては休み、パチンコをしていました。

 

身体に力が入りませんでした。

 

相変わらず思考停止したままでした。

 

何故かパチンコは、バカヅキでした。

こんなときに連戦連勝。

何も感情はありませんでした。

 

 

実家からまた電話がありました。

 

何とか自己破産だけは回避したとの電話でした。

 

まずは、ヤバいところから順番にまとめて返済しました。

 

こんなところで、簿記の勉強が役に立ちました。

 

会社の決算や、資金繰りのことが、

何となくわかっていたので、金利が高いところから

まとめて返済するしかないと、すぐに気づきました。

 

 

私も弟も、ほとんど貯金はなくなりました。

 

それからは、昼も夜も、ひたすらアルバイト。

空いた時間は、ひたすらパチンコ。

その隙間に寝る。

 

何も考えられず、ロボットみたいな生活になりました。

 

「とにかく寝たい」

それだけが望みでした。

 

 

今の私:「なんで、貯金あったのに、すぐに清算しなかったんだよー」

ひろかず:「えっ、だってこの分だけなら何とかなるって言ってたし。

もしかしたら、このままで済むかもしれないし」

今の私:「・・・バカなの?」

ひろかず:「まさか生命保険解約するなんて思わないじゃん」

今の私:「まあそうだけど、どうやって清算するか聞けばわかったでしょ?」

ひろかず:「逃げたかったの!ばーか。ていうか自分だろ。そんな判断したのは」

今の私:「そうですね・・・トホホ・・・」

 

追い詰められたひろかず。まだまだ迷走は続きます^^;

 

 

目次へ戻る(逆転ストーリー)

 

 

公開日:
最終更新日:2017/08/10