副業ネットビジネス 1か月で初心者の壁をこえるひろかずの戦略

ガラケーしか持っていなかった私がネットビジネスを始めると言うとみんなが反対しました。でも、いざ始めてみると・・・・・!!!

3、確定申告・税金に関するQ&A

目次へ戻る(確定申告・税金)

 

こんにちは。ひろかずです。

確定申告や税金に関する質問を募集しております。

ぜひ、送ってくださいね!お待ちしております。

⇒ ひろかずにメールする!

 

Q1、副業でネットビジネスを始めたいのですが、会社にバレない方法はありませんか?

100%バレないという方法はありません。

ですが、バレづらい方法はあります。

メルマガ登録(無料)していただければ、副業バレ解説マニュアルをプレゼントしてます。

まずは、年末調整や確定申告の仕組みを理解することが重要ですよ。

 

ちなみに、アルバイトは給与所得になるので100%バレます。

マイナンバーがどうのこうの言われてますが、

以前から仕組みは変わっていません^^

 

「会社に副業がバレないノウハウ」とかも買わないように気を付けてくださいね。

後々、問題になる方法も多いですし、

税務署は忘れたころにやってくるので^^;

申告した3年後とかに修正申告書を送りつけてきたりします。

 

Q2、副業ネットビジネスで15万円ほど稼ぎました。申告は必要ですか?

例えば、あなたがサラリーマンだとして、本業の給料以外に、

ネットビジネスの収入(売上から経費を引いた残額)が15万円あったとします。

その場合、給料以外の所得金額が20万円以下になるので、所得税は申告不要す。

 

ここも誤解されやすいところです。

申告不要なのは所得税だけで、住民税はすべて申告が必要です。

 

「住民税なんて申告したことないよ!」と思うかもしれませんが、

確定申告をすると税務署がそのデータを市区町村に送っていますので、

確定申告をすれば、自動的に住民税も申告したことになります。

 

もっと稼いでしまえば気にする必要がなくなるので、

「副業ネットビジネスを始めたら赤字以外の年は確定申告する」

という意識のほうがいいかもしれませんね。

 

Q3、副業ネットビジネスの所得は事業所得にしたほうがいいと聞いたのですが・・・

副業ネットビジネスの所得は「雑所得」が基本です。

ですが、実は「事業所得」と「雑所得」に明確な境界線はありません。

 

事業所得にできるケースは、

1、継続的に事業を行っている

2、その事業だけで生活できるレベルの一定の収入がある

この2つの要件を満たす場合です。

 

税務署は後出しジャンケンの名人です^^;

事業所得にする場合は、事前に税理士または税務署に相談したほうが無難です。

 

経費がいっぱい計上できるとか、家族に払った給料が経費になるとか、

赤字の場合、給料と相殺できるとか、

甘い誘惑には気を付けてくださいね^^

 

まずは、あなたが正しく理解して知ることですよ!

 

目次へ戻る(確定申告・税金)

 

公開日: